悪役俳優「柿 辰丸」の世界

小説

ちょうど20年前に小説を書いていました。

当時はまだ俳優という仕事もしていなかったので

素人考えで映画化されたときの配役まで

頭にいれて書いていました。

内容は、人間は生まれた瞬間にその人の

死ぬ日もわかっていたらどういう人生を

歩むか。というのを複数人の人が主役となり

繰り広げていく。というものでしたが

残念ながら未完成のままです。

いつかは完成させたいのですが

もちろん映画化されたら当時キャスティング

してなかったですけど、私も脇役で参加したいです。(笑)

広島ブログ

コメント


管理者のみに表示

トラックバック