悪役俳優「柿 辰丸」の世界

原点

本日Kさんという66歳の男性と、約1時間お話しさせていただいた。
Kさんとは、出会って半年になり、月2回ほど「笑いヨガ」で一緒に笑っていた。
が、なかなかゆっくりお話する機会がなかった。

今日は、ひょんなことから時間が出来てお話を伺った。

原点というお話
Kさんが、1ケ月前に100坪の土地を畑にするために土を耕していた時のこと。
3時間耕していた内の2時間ぐらい経過した時に、ある衝撃を感じたと。

Kさんは、幼少の頃 あまり裕福ではない環境と お家が農家でいつも畑仕事のお手伝いをしていた というよりさせられていたそうだ。
遊びに行きたいのに、毎日土をいじって辛かったと。
「勉強はせんでいい、手伝え」と言われ 勉強机もなく 隠れて勉強していたらしい。

そんな過去があるのに、今回耕して土を触っている時に すごく癒される感覚になったというのだ。
大きくなって、会社勤めしながら貸し畑で野菜をつくったりしていたときには、そんな感覚にはならなかったそうだ。

これが原点だ!これからの人生 また畑で野菜をつくりながら暮らしていこうと決意されたそうです。
これは66年の人生においてベスト3に入る衝撃だ とおっしゃっていました。

原点を思い出す これは右脳で そしてそれを人にわかりやすく話す これは左脳
全脳を上手に使い話すKさんに 私は食い入るように聞かせていただいた。

原点に戻るとは、過去に戻ることではない。決してKさんも貧乏に戻りたくはないと。
原点を思い出し、それに経験をプラスして 新たに進み始める。

こういったことを教わったように思う。
実際、Kさんの話を聞きながら 私も幼少のころの自分を思い出し 原点は何だろう?と考えた。
その原点については、また機会があれば書き込みます。

コメント

素敵なお話ですね。
柿さんの原点
ぜひ教えてください。
>もみじ日記さん
コメントありがとうございます。
私の原点は、やっぱり脇役のようですw

管理者のみに表示

トラックバック