悪役俳優「柿 辰丸」の世界

素敵な1日・前編(和風堂)

昨日、素敵な1日でした。

東京基町倶楽部で大変お世話になっている オフィス ヒューマニティの胡子代表に

素晴らしい方をご紹介いただきました。

茶道上田宗箇流十六代目家元 上田宗冏様です。

上田宗箇流というのは、芸州浅野家の家老であった上田家に伝わる武家茶道の一流。

101029_174501.jpg 2ショット写真を図々しくもお願いしたら快くお受けいただきました。

和風堂の玄関を入り廊橋を渡り、松涛之間に案内されてお茶とお菓子を頂きながら

貴重なお話をうかがいました。

マツダ(当時 ユーノス) ロードスターのデザインは能のお面からきており、座席は

2畳の茶室をイメージして作られている。驚きました、日本の精神文化や伝統工芸の美が、

現代の工業製品にも受け継がれているのです。

その後、井戸のご説明をいただきながら、書院屋敷 廻り廊下を通り

上段・一之間・二之間・三之間を拝見させていただきました。

流れている空気が違います。映画やTVのセットではないのです。本物の重みを体感いたしました。

更に鎖之間に案内いただきました。ここは江戸時代そのもので電気もなく薄明かりの雰囲気が

時代をタイムスリップした気分になります。本物の凄さに圧倒されました。

貴重な体験と勉強になりました。

胡子様、ありがとうございました。

上田様、貴重なお時間ありがとうございました。

上田宗箇流公式ホームページ

広島ブログ
1日1回σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪

にほんブログ村 芸能ブログ 悪役俳優・脇役俳優へ
こちらもトρ゙(・・*) ぽちっとなっ♪

コメント

ケロ助も・・・
家元様ほどの格式はありませんが、
先週の日曜日にケロ助も、
某高校の茶道部の皆様のお手前を
頂戴しましたv-392
お菓子が大変おいしかったですv-411
>ケロ助さん
コメントありがとうございます。
「無」の境地を求めるならお茶は良いですね。

管理者のみに表示

トラックバック