悪役俳優「柿 辰丸」の世界

私が黒田投手だったら

2010年10月5日 

「私が黒田投手だったら」

日本球界復帰?!の報道に対して

「もちろんカープですよ。わかりきっている質問はしないこと(笑)」

「もちろんライバルは前健です 開幕投手も狙いますよ」

「あ~いっぱい日本語 いや広島弁しゃべるけんねー」


※これは私が日本球界復帰報道の真相を聞かれたとき・・・を想定していますので特にご本人を中傷するものではありません。


広島ブログ
1日1回σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ

コメント

このシリーズ
うちのアクセサリーをご愛用いただきありがとうございます。(嬉しいです!)
この○○だったらシリーズいつも楽しみにしています♪
シーズンオフはどうなるのかなと思ってましたがこんな感じでいけるんですね!
>お砂糖さん
コメントありがとうございます。
正直、オフは勘弁して~~~。(笑)
なかなか黒田投手の真相が報道されないので書いちゃいました。
私が・・・・
柿 辰丸さんだったら。

『シーズンオフも期待します』のコメントに対し

『もちろん続けますよ。わかりきっている質問はしないこと(笑)』

期待しても良さそうです(ほらプレッシャー掛かったwww)


※これは私が当シリーズの続投を聞かれたとき・・・
を想定していますので特に柿さんご本人を中傷するものではありませんwww
>Dr.でぶさん
コメントありがたくないww
シーズンオフは、中身どうなっても知らんよ。(笑)
こちらでお答え
カープが遠ざかっていきました。

さて“毛見返し”という大きな石のこと。ごく真面目なクイズだったのです。
現在「毛」とは人間や動物の体毛を指しますが、昔は生えてくるものを全て「毛」と表現していました。
(例えば、田の毛:稲、山の毛:樹木、畠の毛:作物など)
昔検地帳に記載された帳簿上の出来高と、実際の出来高を検査する「県吏」が現地に出張していました。その検見役が検査を終えて大石のところまで帰ってきて、改めて石の上から間違いはなかったかと振り返ったため、この名前が付いた。検見返しというところを「毛見返し」と名付けたらしいのです。
はよぉー黒田も帰らんと、日本いや、カープでさえ
使ってもらえんようになる。
もう一回でええけぇ、カープをさかせてくれよぉー。

って、柿辰丸さんに言ってもしょうがないかぁ~
( ´∀`)ヶラヶラ
>なんでも「辛口」さん
コメントありがとうございます。
なるほど、「毛」というのはそう言う意味だったのですね。(納得)勉強になりました。私もあの岩で振り返ってみたくなりました。(笑)
>kanさん
コメントありがとうございます。
先発完投型が増えると楽になりますからね。
完投は年齢的にきついかな?
でも、実績があるだけに期待は大です。

管理者のみに表示

トラックバック