FC2ブログ

悪役俳優「柿 辰丸」の世界

2011年05月04日の記事 (1/1)

「アートカーニバル2011」中日終了

本日、会場にお越しいただいたお客様に感謝!
また、私がプロデュースした企画にお越しいただいた、ブログ、Twitter、USTREAMなど繋がりで見に来ていただいた方ありがたく思います。中には先日東京広島県人会総会でお会いした方も三重からお越しいただいたのですね。

2日目が終わりプロとして反省するべきことが20を越えました。
ブログで言えることと言えないことがありますが、もっとプロ意識を持って今自分が何をしているのかを、しっり把握した上で行動しなくてはなりません。
特に舞台はすべて見えてしまいます。ましてやUSTREAMで全世界発信しているのです。
自己満足ほど怖いものはありません。

舞台のそでの幕がめくれて裏側が見えている。照明が一番当たる位置はどこなのか?
何に照明をあてる時間なのか?事前の宣伝は伝わっているのか?
特に人の作品をオークションで売って、その半分を寄付するわけですから、いきあたりばったりほど失礼なことはございません。臨機応変は必要ですが、今は誰がメインで話すのか?自分は何の役割なのか?お客様の立場に立っているか?何を求めているのか?お客様に対してのアンケートも必要だと感じました。
また、出品いただいたアーティストさんたちとも事前にお会いして作品の話を伺う必要も感じました。

アートを取り扱うからにはセンスがないと務まらない。まだまだ勉強が必要です。

何日もかけて製作されたアーティストの品物の扱い方。会場を盛り上げるというのは、笑わせるというのと意味が違います。また、私が行った悪役俳優の体験も、真剣にしないと怪我に繋がります。

今回OKY48のメンバーにもお手伝いいただきましたが、未成年の彼女たちにさせて良いことと悪いことがあります。私のプロデュースですから全責任は私にございますが、ファンの方々をはじめご両親も含めお詫びいたします。

写真もたくさん撮っていますので、イベントが終了後またアップしていきますが、明日は千秋楽、主役は誰なのか、それは作品を提供いただいた作家さんであり、また会場やUSTREAMをご視聴いただいているお客様だということを忘れずにしたいと思います。

また、テレビや映画と違い、舞台はタイムリーにお客様の反応がわかります。稽古せずにお客様にお見せすること。プロとしてあり得ないことですし、客席を満席にできなかった時点で大反省ですね。

舞台や、ましてや立ち回りを経験ない方は、いろんな所に力が入ってしまいます。また、オーバーに動こうとして張り切ってしまいます。舞台に上がっていただいた方々に感謝するとともにお怪我はなかったかが心配です。


「広島ブログ」会員の方はログインしてから
 会員でない方はそのまま
広島ブログ
1日1回σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪

にほんブログ村 芸能ブログ 悪役俳優・脇役俳優へ
こちらも トρ゙(・・*) ぽちっとなっ♪