FC2ブログ

悪役俳優「柿 辰丸」の世界

2010年11月05日の記事 (1/1)

赤もみじ 見つけた 黒も?

「ひは。」


11/17 講演の打ち合わせに行ってまいりました。

少し早目に着いて駐車場にいると、今回ご紹介いただいた shiozyさん

私の黄色い車を発見されてしまいました。(笑)

さっそくお土産をいただきました。

101105_163848.jpg
黒もみじと赤もみじ

日曜日に行くミヤカグのツユマメさんのブログでも紹介されています。

101105_164002.jpg
黒は炭入りで食べた後、口の奥の方でほのかな炭の味感。

101105_163911.jpg
赤は唐辛子が入っていて甘いけど辛い。あらツユマメさんと同じコメント(汗)

でも、本当甘いけど辛いという感想がストレートな意見。

ぜひ、ご賞味ください。 ソアラサービス様と山田屋様のコラボ商品だそうです。

「広島ブログ」会員の方はログインしてから
 会員でない方はそのまま
広島ブログ
1日1回σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪

にほんブログ村 芸能ブログ 悪役俳優・脇役俳優へ
こちらもトρ゙(・・*) ぽちっとなっ♪

沢村賞のつづき

コロンのママさんから先日の沢村賞について、
江川投手とダルビッシュ投手が基準クリアしているのに受賞できなかった理由は?というご質問がございましたのでお答えいたします。
江川投手の場合は下記の動画を以前私も見てましたで把握はしていましたが、ダルビッシュ投手については少し調べました。


江川投手については、当時選出を担当していた記者側から入団時のゴタゴなどの理由により渡したくない色が出ていたようです。下記がその映像です。
http://www.youtube.com/watch?v=CSV-dMg0omg&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=IPUFfhaKh-M&feature=related

ダルビッシュ投手の場合
条件をクリアしているが岩隈投手が更に良い成績でした。2人受賞も提案されたが一人に絞られました。
下記が当時委員だった5名の談話です。 <産経ニュース参照>

沢村賞選考委員談話
2008.11.3 18:15
 ◆土橋委員長「ダルビッシュは北京五輪に出なければ、違った数字になったかもしれないが、岩隈は20勝で防御率、勝率も1位。満場一致で決まった。(ダルビッシュの半分だった岩隈の)完投数については、完投できそうでも、次の登板を考え、野村監督が交代していた」

 ◆堀内委員「ダルビッシュは選考基準すべてをクリアしたが、それがすべてではない。2人(ダブル受賞)ということを提案したが、やはり今年一番の投手、一番働いた投手を選ぼうというのが、選考委員会の総意だった」

 ◆平松委員「ダルビッシュの成績は昨年とほぼ同じ。今年はその上の投手が出てきた。岩隈は楽天の65勝のうち21勝、約3割3分を占めた。受賞者は強いチームから選ばれることが多いが、岩隈は5位のチームで孤軍奮闘した」

 ◆大野委員「岩隈は登板した28試合で21勝した。防御率も1点台。なかなかできない数字を挙げたことを評価した。ダルビッシュも頑張ったし、五輪に出場して、空白の期間もあったが、16勝と21勝の差は非常に大きい」

 ◆村田委員「1試合で3本塁打される投手がいるなか、岩隈は年間を通して3本。与四球も少ない。逃げずにふさわしい成績を残した。ダルビッシュは勝ち星で及ばなかったが、来年、再来年と何度でも受賞できる逸材。期待している」

あの江川投手が欲しくてたまらなかった賞を前田健太投手は受賞したわけですから
更に飛躍して投手陣を引っ張りカープを優勝に導いていただきたいですね。

「広島ブログ」会員の方はログインしてから
広島ブログ
1日1回σ・・)o ≡o( *)σ☆|ぽちっとなっ♪

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ