FC2ブログ

悪役俳優「柿 辰丸」の世界

2007年12月27日の記事 (1/1)

オーディション

1993年7月・・・新聞に「新人悪役俳優募集」という広告を見てオーディションに応募しました。

当時の新聞広告は今も大事にファイルしてある。が、今は押入れの一番奥に収めている。

こうやって過去の事を書いていくからには、そのファイル一式も取り出さなくてはね。

ま、なにはともあれ書類審査を通過し1993年8月オーディションにお呼びいただきました。

まわりを見ると演劇をしてそうな人達ばかりで(私はまったくの素人)圧倒されていました。

オーディション内容は、ある台本が用意されていて、「それを好きなように演じてください」

というものでした。

私はセリフをすべて広島弁に変えて演じました。

八名さんから「君はどうして悪役になりたのかね?」と質問されて

私は「本当は刑事役がやりたいです」と・・・

すると「刑事も悪役も同じようなもんだ(笑)」と言われたのを記憶しています。

のちに私の初舞台での役柄が刑事役だったときは嬉しかったです。

それから数日して「合格」の手紙が届いた時には、本人もびっくり!でしたよ。(笑)

そして悪役商会養成所4期生として芸能界に入ったのでした。


次回は「大晦日の初仕事?!」です。